アトピーや巻き爪の悩みは皮膚科に相談しよう

病気を治すことで 生活が豊かになる

予防方法

爪の切り方

巻き爪に一度なってしまうと足の指がとても痛く、化膿してしまう可能性があります。
巻き爪になった方は、爪の切り方や普段の生活に問題がある場合があります。
その問題点を解決するだけでも巻き爪になるリスクをぐんと抑えることが出来るのです。
まずは爪の切り方です。これが一番巻き爪になりやすい原因ではないのでしょうか。
爪を切る時には、爪の両端を伸ばす「スクエアオフ」と呼ばれる切り方を心がけましょう。
スクエアオフとは簡単に言えば全体的に爪の形を四角い形に切る方法のことをいいます。
出来るだけ爪の先は少し残しておくようにすると更に巻き爪にはなりにくくなります。
実は爪にとってこのバランスが一番良い状態だといわれているのです。
このバランスが崩れてしまうと爪に大きく負担がかかってしまい、巻き爪になりやすくなってしまうのです。

靴について

歩く時に必ず履く靴にも気をつけなければなりません。
靴を履くと足の指先にはとても大きな負担が掛かってしまいます。
負担が掛かってしまった結果巻き爪になってしまうことがあるのです。
このようなことにならないためには、靴の先に一センチ程余裕があるものを履くとよいでしょう。
靴の甲がしっかりとサポートされ、かかとがキレイにフィットする靴を選べば大丈夫です。
人によっては足の指先に並びの形が異なってくるので、自分の足の先にあった形の靴を選ぶようにしましょう。
足の指の巻き爪に悩まされている人は普段履いている靴を再度確認してみると良いです。