アトピーや巻き爪の悩みは皮膚科に相談しよう

病気を治すことで 生活が豊かになる

皮膚の悩み

肌に影響

生まれつき肌が弱いという方もいますが、そのような方だけでなく、普通に生活している私達でも皮膚に何かしらの疾患を持ってしまうことがあります。
その原因は様々で、周りが乾燥していて肌も一緒に乾燥してしまったから、何かしらの埃やアレルギーによって肌が敏感に反応してしまった、それだけではなくストレスが原因で肌に悪影響を及ぼしてしまったなどあります。
つまり肌の悩みは誰にでも起こりうる可能性があるのです。
肌の悩みを防止する方法はいくつか存在します。
例えば肌が敏感である人はできるだけ肌に刺激を与えないようにし常に清潔に保つ、乾燥しやすい人は保湿に気をつけるといった感じにある程度対応することは可能です。
しかしそれでも肌に何かしらの疾患が出てしまうことはあります。
その場合にはできるだけすぐに皮膚科へ受診を行いにいきましょう。

悩みの種類

肌の悩みと一言でいっても様々な種類があります。
例えばアトピーは肌の悩みでも特に有名なものの一つといえるでしょう。
アトピーは肌が赤くなるだけではなく、皮膚が固いしこりのようになり強いかゆみが発生してしまう疾患です。
定期的にこのかゆみに襲われてしまう事があるので、アトピーの方はなるべく肌に刺激を与えないようにし、肌を清潔に保つようにしましょう。
他にも、巻き爪のような爪の悩みも、肌の悩みといってよいでしょう。
巻き爪になってしまうと爪が肌に食い込んでしまって、腫れてしまうことも膿が出てきてしまうこともあります。
歩く度に傷みが発生するので早く治療するためにも皮膚科にいくようにしましょう。

症状について

巻き爪は簡単に言えば爪がくるりと丸く巻いてしまった状態のことをいいます。巻き爪になってしまうと、爪が皮膚に食い込んでしまい、とても痛いです。特に歩く時など爪やその周辺の皮膚に負担がかかると激痛が走ります。

詳しく読む

治療法を知ろう

巻き爪を解決するためにはいくつか治療方法が存在します。その中に丸くなってしまった部分の爪を切除する方法もあります。他にもワイヤーを使用し、巻いた状態になっている爪を徐々に元の形に戻していく施術もあります。

詳しく読む

自分でも出来る

巻き爪治療法の中には自分で行うことができる治療方法があります。それがレーピング方法です。テーピングを行うことによって皮膚に掛かる圧迫を減らすことにより爪の形を矯正させていく方法です。

詳しく読む

予防方法

巻き爪の治療を受けなければいけなくなる前に、普段から巻き爪にならないよう普段から予防を行う必要があります。例えば詰めの切り方一つで巻き爪になりにくくなる方法が存在します。

詳しく読む